<<03  2009,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厚労省に「老親介護に疲れて自殺する人が出る」ことの責任を追求したい!
         ★今日の[自殺報道]につい 

 「(自殺した)清水由貴子さん、最後まで母介護」というニュースです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090423-00000001-dal-ent  
他のニュースでも書かれていましたが「どうもお母さんと一緒に死ぬつもりのようだった」そうです。

上記にリンクした記事には次のようなことが載っています。
残された状況は覚悟の自殺を物語る。しかし、運転手に「帰りはどうしますか?」と聞かれ「霊園で待っていてください」と一度は往復の乗車の意思を伝えており、当初は自殺をためらっていたとも受け取れる。ところが、同4時25分ごろ、墓地で下車する際、「時間がかかりそう。やはり精算してください」とキャンセル。死亡推定時刻は下車後約30分。父の墓前に着くとすぐに自ら命を絶ったと思われる。

「死亡推定時刻は下車後約30分」であれば、「ためらうことなく」「即座に決行した」ものと思われます。

今回に限らず、今回のように明らかに「介護疲れ」が原因で自殺した場合、マスコミはどうして厚生労働大臣や担当局長、担当課長などのコメントを求めないのでしょうか?

「老親介護に疲れて自殺する人」が出る度に、マスコミが大臣や局長に「いつまでこんな事態が続くのか?」「厚労省は何をしているのか?」と、たとえパフォーマンス気味であったとしても官僚達を厳しく追及していくべきなのではないでしょうか?

「介護」が原因で自殺者が出たときに、その責任の矛先を厚労省にぶつけたマスコミや政治家を、私はいままで一度も見聞したことがないのです。

これは、単なる私の知識不足なのでしょうか。


***********************************************************
★この書込に「感じることが有った」「得るものが有った」と思われた方は
このバナーをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
    →
     クリックすると<社会>ブログのランキングへ飛びます。
      (現在15位/387ブログ)
***********************************************************

スポンサーサイト
清水由貴子さん、父の墓前で硫化水素自殺
          ★今日の[自殺報道]について

「清水由貴子さん、父の墓前で硫化水素自殺」というニュースです。
http://www.sanspo.com/geino/news/090422/gnj0904220505015-n1.htm

あまり意味のない、「お決まり」のような関係者のコメントを載せているだけのニュースが多い中、上記のニュースは「報道記事」としては現時点で一番充実しています。

彼女は車椅子の母親を同行しています。
そして記事ではあえて
「また、近くには清水さんの母親が車いすに乗った状態でぼう然としていたが、意識もあり話せる状態だった。しかし、職員との会話は終始、あいまいだったという。」
と載せています。

以下は、上記の記事を読んだ限りでの私の勝手な推測です。

おそらく、彼女は「母親と一緒に死のう!」と思ったのではないでしょうか?
そして、母親がそれを望まなかったので母親の見ている前で一人で死ぬことを選んだのではないでしょうか?

このニュースで私たちがいま最も直視していなければならないことは、
「日本とは老親介護に疲れて自殺する人がいまだに絶えない国なのだ」という事実です。

介護に疲れた家族の求めに応じてすぐに施設で預かるようにする。

こんなことは現在、存在している施設、組まれている予算の中だけでも工夫次第で可能なことなのです。お金が無いからできないのではありません。「制度」が無いからできないだけのことなのです。「緊急避難に対処する人」がいないからできないだけのことなのです。

「介護の疲れ」や「介護生活での絶望」から自殺する人が一人でもいる限り、日本が「介護福祉の後進国」でしかないのです。

介護保険制度はいつも「保険料」という金額のことばかりに焦点があてられますが、「保険」とは、本来、「困ったときのため」のものであるはずだったのではないでしょうか?

彼女なりの「覚悟の自殺」だとは思いますが、決して「納得したうえでの自殺」ではないと思います。

もし、私の推測がまったくの的外れでないとしたら、彼女には、ぜひ「社会に向けた遺書」を残していって欲しかったと思います。

私の拙い経験でしかありませんが、「抗議の遺書」は、書いているうちに、「怒り」と「復讐心」から、「いまの自分にできること」を考え、結果として「まだ死ねない」「いまここで死ぬことはない」という結論になるものです。


***********************************************************
★この書込に「感じることが有った」「得るものが有った」と思われた方は
このバナーをクリックして戴けるとこれからの励みになります。
    →
     クリックすると<社会>ブログのランキングへ飛びます。
      (現在15位/387ブログ)
***********************************************************

2s
FC2カウンター
プロフィール

小久保 達

Author:小久保 達
小久保 達(こくぼ さとし)
1949年4月生まれ
東京都板橋区板橋出身
・私立落合幼稚園(板橋)
・板橋区立板橋第二小学校
・板橋区立板橋第一中学校
・東京都立北園高校(板橋)
・武蔵予備校(大塚)
・明治大学文学部(中退)

建材調査会社を経て25才で脱サラしたが1年も続かずに挫折。親の財産まで喰い潰した自分の愚かさに絶望して自殺を試みるも死にきれなかった経験が有る。選んだ手段は[飛び降り]、季節は[冬]。
「寒くて決断できるまでは外に居られなかったから」死ななくて済んだと思っている。

「喰う」ためにナゲヤリで就職した会社が真面目な社員研修会社だったのが幸運! そこで<起業の本当の成功要因と失敗要因>に気づき、1985年(35才)再び脱サラして創業開発研究所を開設、現在に至る。

起業関連の著書9冊
2001年4月から岐阜大学産官学融合本部客員教授。

埼玉県飯能市在住(25年)
住居は飯能河原に面したマンション。屋上ガーデニングで花・野菜・果樹を育てているが、誰にも見られず、誰にも見せられない作業なので「引きこもりガーデニング」と称している。
中学教員の妻、姪との三人暮らし。子供はいない。

「4ないダイエット」で
100kg → 87kg
(2008/07/24~10/15)

連絡はリンク最上段の
小久保達.comからどうぞ!

Adsence
リンク
検索フォーム
カテゴリ
ユーザータグ

自殺 自殺防止 自殺報道 自殺阻止 自殺の原因 遺書 自殺の方法 自殺願望者 NHK 自殺の相談 自殺相談 自殺対策 生命保険 自殺と犯罪 自殺未遂 理研 いのちの電話 討論番組 自殺統計 新書 タイトル 政治家の自殺 借金苦 出版 狂言 ブログ 政治家 戸塚ヨットスクール テレビ番組 自殺対策基本法 死亡記事 介護制度 硫化水素 介護疲れ 厚生労働省 実験 自殺問題 自殺の決断 自殺を描いた映画 特異行動 中傷 自殺へのステップ 自殺への6段階 無差別殺人 自殺情報 ネットでの中傷 自殺サポート 自殺の報酬 自殺の統計 自殺の場所 硫化水素自殺 自殺と宗教 自殺を減らす 自殺幇助罪 三浦和義 自殺の美学 自殺防止策 自殺予防 失業者 自殺の作法 男女比 逮捕 石川知裕 無理心中 心中 自殺抑止 自殺研究 自殺のメカニズム 宗教団体 自殺のタブー パク・ヨンハ 講演会 ロビン・ウィリアムズ 自殺の助長  うつ病 小保方 遺書の公開 笹井教授 伊良部秀輝 飛び降り 笹井 STAP細胞 自殺サイト 市職員 借金トラブル カルト教団 ヤクザ 拳銃自殺 殺人 保護責任者遺棄 自殺幇助 自殺番組 鴻上尚史 自殺のルール 自殺寸前 自殺と事件 自殺の真相 自死 自殺理由 自決 自害 横領 自殺対策白書 飛び込み自殺 殺人と自殺 自殺の理由 エンケ 娘の死 所信表明演説 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。